the origin of the name "Walker juice".

Walker juice名前の由来

ファッショントレンドで世界をリードするアメリカNew York。

NYはファッションだけでなく、美容と健康でも最新トレンドを牽引する世界有数の大都会。

2013年のある朝、そのような街でスーツにスニーカー姿で仕事へと急ぐNew Yorker。

食事の時間も惜しみ、バリバリと仕事をこなす彼らの姿は、映画のワンシーンに出てくるようなまさに「出来るビジネスマン」をイメージさせ、ある種のあこがれを抱かせるような光景だ。

New Yorkerは仕事だけでなく、ファッションや美容、健康にも非常に感度が高い。

センスのいいファッションに身を包み、仕事後にはフィットネスで体を鍛え、まるでだらしないカラダとは無縁のように思わせる。

健康のためなら死んでもいい」と言うジョークがあるくらい!

そんな彼らが、毎朝仕事に向かう時、何やら手にして飲んでいるものがある。

それが、彼らのアクティブな毎日をサポートするジュース、

そう、「コールドプレスジュース」なのだ。

ジュースを飲むことは、一種、アメリカの文化のようなモノだ。

映画の朝食のシーンで食卓にオレンジジュースや野菜ジュースが並んでいる所を見たことがあるかもしれない。アメリカでは様々なジュースが売っており、街角にはジューススタンドも見られる。

野菜ジュースやフルーツジュース、スムージーなどが昔からの定番である。

コールドプレスジュースも以前からあったが、2013年頃からブームを迎えNew Yorkerが朝食代わりに飲みながら仕事へ向かう光景がよく見られた。

そう、Walker juiceは、そんな日々アクティブに過ごせるように皆様をサポートするジュースをイメージし、「New Yorkerの歩きながら飲んでいる姿」から命名しました。

What's Cold Press Juice ?

そもそもコールドプレスジュースとは?

まだまだ、メジャーとは言い難いコールドプレスジュース。

一体、野菜ジュースとは何が違うのだろう?と思われる方も多いことと思います。

野菜や果物100%ジュースという点では、野菜ジュースと言えるのですが、違うのはその製法です。

ここがポイント!

市販されている野菜ジュースは、1日に必要な野菜○○〇gが摂れる、と言われているものもあり、つい、これさえ飲んでおけば大丈夫かな?と思ってしまいますが、実はそうではないのです!そこに、製法の差があるのです。

一般的によくある製法は、濃縮還元製法非加熱濃縮製法と呼ばれる製法です。

濃縮還元製法とは、野菜や果物をすり潰して果汁の水分を飛ばし、5〜6倍まで濃縮させます。

ペースト状になったものを殺菌加熱し、その状態で冷凍保存し、商品としてボトルに詰めるときに濃縮したペーストに再び水分を加えて作られます。

非加熱濃縮製法とは、素材をすりつぶすのではなく押しつぶして水分だけを取り除き、濃縮して保存する方法です。非加熱と謳ってますが、殺菌のための加熱処理は行っています。

これら製法のメリットは、旬の時期が異なる原材料の野菜や果物を、濃縮することで長期間ストックでき、必要な時にブレンドすることで年間を通して安定して商品を供給することが出来るのです。

様々に添加されるものもあるため、正味期限もそれなりの期間を確保でき、比較的安い価格で提供できるのです。なので、大量生産する大手メーカー製品などはこの製法を用いています。

コールドプレス製法とは、その名の通り、冷たい状態で、圧を掛けて押しつぶす製法なのです。

ポイントは「熱」です。素材に含まれる様々な栄養素は「熱」に弱いのです。熱を掛けるけることで、例えば酵素などはその活性を失います。ビタミンも壊れます。

なので、いかに熱を加えずに製造できるかが、製品の違いを産む特徴なのです。

熱を加えない製法のメリットは、素材に含まれる様々な栄養素、有効成分が活きたまま摂取出来ることです。

商品を日持ちさせるためには加熱殺菌が必要となりますが、その際に生きた酵素なども多くが失われます。

しかし熱を加えずに作った場合、栄養素や酵素などを活きたまま摂取できるため、期待される効果に大きく差が出る可能性があるのです。

デメリットとしては、熱を加えないため日持ちしないことです。

通常、コールドプレスジュースは製造した日を含めて1,2日程度しか日持ちしません。なので、多くが製造後すぐに冷凍保管されます。

試しに、搾りたてと冷蔵保管して1日、2日、3日と経過したものの味を比べてみて下さい。

徐々に味が変化していくのが分かります。それだけ含まれる成分の状態が変化しやすいのです。

また、製造に手間暇がかかり工場で大量生産出来ないため、コスト的にはかなり上がります。「○○生活」のような野菜ジュースに比べると、価格はかなり上がります。

しかし、その分、100%天然素材のみの無添加という安心安全と、得られる効果には大きな差が出る可能性があります

コールドプレスジュースをおすすめする理由

一体、コールドプレスジュースの何が良いのか?

生きた酵素や栄養素がたっぷり含まれていることで、一体どのようなメリットが、私たちの体にあるのでしょうか?

最も効果的な点は、「消化管に負担を掛けずに栄養をしっかり摂れる」という点です。

胃腸は筋肉だ」って、皆さん知ってましたか?

胃腸は平滑筋と言われる筋肉で出来ています。私たちが日ごろ、無理な運動をしたり、疲れがたまった時、筋肉痛になったり、肩が凝ったり、身体がだるくなったりと、筋肉の疲労を感じることがあると思います。

実は、消化管も同じなのです!

現代人は、食べることに事欠かず、むしろ食べ過ぎていることは実感できるところではないでしょうか?

肥満はまさにその結果。「食べ過ぎる」ということは胃腸に負担をかけている事であり、胃腸の平滑筋が筋肉疲労を起こしている状態とも言えるのです。

その結果、胃腸の動きが悪くなり、腹部膨満感、胸やけ、便秘などの症状が起きるのです。なので、現代人は胃腸の筋肉を休ませる必要があるのです。

胃腸の病気で入院した時など絶食することがありますが、それは胃腸を休ませる目的があるのです。断食もそうです。胃腸を休ませると筋肉疲労が回復し、しっかりと機能し始めるのです。

例えば、最近、肥満傾向で便秘気味という方は、試しに食事を1,2食あるいは1日抜いてみると良いでしょう。

胃腸が動き出して便秘が改善することがあります(もちろん、便秘には他の要因もありますが)。それは胃腸の疲労が回復した証拠。

だからと言って、むやみに断食をしてはダメです。何も食べない、と言うことは必要な栄養素も体内に入ってこない状態なので、かえって体調を崩す可能性があります。

消化管を休めながら、必要な栄養素はしっかりとることが、消化管の機能を回復させるために必要なのです。

そこで、コールドプレスジュースの出番です。

コールドプレスジュースは不溶性食物繊維を含まないので、胃腸への負担が非常に小さく、吸収率は通常の野菜ジュースなどに比べて非常に良いため、栄養素がしっかり吸収できるのです。

そうすることで胃腸の働きが元気になると、例えば、「おなかの張った感じや胸焼けしやすいといった症状の改善」や「便秘の改善」、「腸内免疫の活性化で風邪をひきにくくなる」、「疲労の回復が早くなる」、「仕事の能率が上がる」・・といった体によい効果が期待できるのです。

Walker juiceが提案するLifeDrink

私たちWalker juiceが提供するコールドプレスジュースは、100%天然素材だけで出来ています。

野菜や果物は、減農薬または無農薬のモノしか使用せず、砂糖や塩分、ミネラルはおろか、水1滴さえも混ぜていない、100%食材だけで出来ています。

なので、薬のように副作用が出る、サプリメントを摂り過ぎて不都合が出る、添加物を摂り過ぎて将来の健康が心配、と言ったことが全くない、まさに安心・安全なジュースなのです。

しかも、コールドプレスジュースは吸収が良く、消化管への負担が少ないため、栄養をしっかり吸収しつつも消化管が疲労・疲弊することのない、栄養面だけでなく体にも優しい飲み物なのです。

毎日摂取しても全く問題なく、むしろ毎日摂取してほしい物なのです

「毎日1本、おなかに1本ヤ○ル○」ではないですが、毎日の生活の中で、食事をし、トイレに行き、入浴し、眠ることと同じように、当たり前のコトとして摂取して頂く「生活飲料」として皆様にご愛飲頂きたいという思いから、LifeDrinkとしてWalker juiceを皆様にお届けして参ります。

皆さまの健康でアクティブな毎日に、LifeDrink → Walker juiceを!